過去2回、日立駅の展望デッキやシビックセンターの新都市広場、マーブルホールの

3エリアで開催し、反響を呼んだ”海の街マルシェ”。

景観を眺望しながら楽しむ 音楽、ヨガ、ワークショップ、忙しい日々を送る人たちに ひと時の安らぎを提供できました。

 

近年、そのような癒しを求める人が急増し、さらに癒しを生むイベントを開催できればと思い

さらに今年も規模を日立のシンボル・イトーヨーカドー様 側にまで拡大し、

本イベントを開催する運びとなりました。

今回もさらに リラクゼーション と ワークショップを追求した1日。

 

今回も最後は​沈みゆく夕日を見ながら

ひとときの安息から、明日への活力を得ましょう。

1/5

海の街マルシェとは?

社会人や学生など、日々”忙しい人”こそ行き交う場所である駅〜駅周辺をジャックし、

そこにあえて相反する”癒し”を求める空間を 創成します。

まるで海の上にいるかのような景観を楽しめる日立ならではの特性を活かした、

ワークショップやヨガ、ライブなど、

日立市に住む人の暮らしが詰まった場所でマルシェを仕掛けます。

仕事や学校の利用者を日々吸い込む駅で、そのような方にこそ、 日常から立ち止まって、

温かい飲み物やコンテンツを楽しんで 癒しを感じてもらうことが本イベントの目的です。

同時開催  cosmic party こすぱ! とは?

一昨年、7月に結婚式場、その後廃校や日立駅、シビックセンターなど

過去3回開催してきた

「コスプレ撮影もアニクラも楽しめる新感覚 パーティー」

キャンセル待ちの100名越えの参加者が募り、

最高のロケーションで 各々がおもいおもいの時間を過ごしました。

今やアニメは世界を代表するコンテンツの 一種であり、

今回もシビックセンターのマーブルホールや日立駅の展望イベントホール で撮影会、

新都市広場のステージにてアニソンDJのコンテンツを用意。

解放感溢れるロケーションで参加者が楽しめる場づくりを提供します。

 
 
 

好評につき受付を終了致しました。

 

私たちはSDGs11「住み続けられるまちづくりを」に

コミットした活動をしてます。

SDGsとは?

Sustainable development goals(持続可能な開発のための目標)の略で 2015年に国連本部で日本を含む193の加盟国の合意のもと決議された 2030年までに世界を変革するための17の目標です。

 organizer 

主催:rain coat studio

過去4回開催した地方創生プロジェクトの主催チーム。

トータルアートクリエイター "あおい える"を筆頭に、

各地域での地方創生チームを結成。地方における活性を目指す。

RCS.png
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook